JAVAC.JP
HOSHI TETSUYA 星鉄矢
2005/07/25
hossy@javac.jp
http://www.javac.jp
Google
WWW を検索 WWW.JAVAC.JP を検索

3-1 レジスタークラス - ムービークリップにクラスを登録する

Flash MXからレジスタークラスという手法が登場しました。ムービークリップの持つメンバを、MovieClipクラスそのままではなく、MovieClipクラスを継承し様々なメンバに拡張することで、多機能なムービークリップを作成するというものです。
ActionScript 1.0では、
Object.registerClass(リンケージ名,クラス);
というメソッドを用いることで実現しましたが、ActionScript 2.0ではリンケージ登録のダイアログにて貼り付けるクラスを指定することで可能になっています。#includeの順序を気にしなくてよくなった、ActionScript 2.0における改善点のひとつではないでしょうか。
レジスタークラスに用いるクラスはMovieClipクラスを継承していなければならないので、
class TestClass extends MovieClip{
    function TestClass(){
    }

    function onEnterFrame():Void{
        _rotation++;
    }
}
のように作成したクラスを用います。MovieClipクラスを継承しているので、onEnterFrame、onMouseMove、onKeyDownなどのメソッドを記述すると、そのムービークリップが画面に現れた直後から、そのイベントは実行されます。
onPress、onRelease、onRollOverなどのメソッドも用いることができます。その場合、そのムービークリップはムービークリップボタンとして機能します。(当然デフォルトでは、カーソルがムービークリップに乗った際、カーソルはハンドマークになります。)




BACKTOPNEXT




All Contents Copyright (C) 2005 HOSHI Tetsuya
Home