JAVAC.JP
HOSHI TETSUYA 星鉄矢
2005/07/25
hossy@javac.jp
http://www.javac.jp
Google
WWW を検索 WWW.JAVAC.JP を検索

Flash講座 - ActionScript 2.0の基礎とGraphの概念

(1-1)講義の目的と指針
(1-2)Flash記述の基本スタイル(ASファイル・include文)
(1-3)ActionScript2.0の基礎・クラスの作成
(1-4)課題(1)

(2-1)画像をロードする
(2-2)新機能MovieClipLoader
(2-3)内部保持した画像(リンケージ)を呼び出す
(2-4)追記 - ムービークリップの削除
(2-5)課題(2)

(C-1)コラム - ActionScript 2.0 の意義

(3-1)レジスタークラス - ムービークリップにクラスを登録する
(3-2)レジスタークラス - サンプル
(3-3)EventDispatcherの意義と使い方
(3-4)EventDispatcher - サンプル
(3-5)課題(3)

(4-1)XML通信
(4-2)XML通信とDataStorageの連携例
(4-3)EventDispatcher用XMLクラス(もうひとつのonLoadの仕方)
(4-4)送信用XMLクラス
(4-5)課題(4)

(C-2)コラム - MovieClipクラスのプロパティ

(5-1)グラフ理論(Graph理論)
(5-2)ノードとエッジのみの描画
(5-3)ノードをドラッグ可能にする
(5-4)エッジに自己最適化を導入
(5-5)エッジの再描画処理の最適化
(5-6)削除・挿入を行うDataStorage
(5-7)エッジの再描画、全体・一部間の比較
(5-8)課題(5)

(6-1)大きなグラフを遊泳する
(6-2)データの座標と視点の座標と描画の座標
(6-3)大きなグラフの遊泳 - 実装例
(6-4)アニメーションを付加する

(A-1)課題(1) - 解答
(A-2)課題(2) - 解答
(A-3)課題(3) - 解答
(A-4)課題(4) - 解答
(A-4)課題(5) - 解答



関連:Flash講座 - WEBチュートリアル - 3D Graph表示:分子立体構造ビューアの作り方




All Contents Copyright (C) 2005 HOSHI Tetsuya
Home